• ホーム
  • 低用量ピルの21錠と28錠の違いとは

低用量ピルの21錠と28錠の違いとは

微笑む女性

女性が計画的に避妊をするために活用する低用量ピルのなかには、しばしば同じ銘柄であるのにもかかわらず、パッケージが21錠入りのものと、28錠入りののもも、ふたつのタイプが存在していることがあるものです。
日本で有名な低用量ピルにはトリキュラーがありますが、こうした低用量ピルというのは、基本的に1日あたり1錠を、1回だけ服用するというのが正しい服用方法となっています。
そして、21錠入りのほうについては、途中までは28錠入りのものと同様、この飲み方でよいのですが、21錠をすべて飲み終えた最後の1週間だけは、なにもピルを飲まない期間をはさむことになっています。
そして、その期間が無事に終われば、ふたたび新しいシートに切り替えて、21錠を同じように毎日服用するというかたちになります。
いっぽうの28錠入りの低用量ピルですが、こちらは毎日1錠ずつ飲んで、28錠をすべて飲みきれば、ただちに新しいシートを開封して、また28錠を順番に飲むというかたちになります。
28錠入りのほうも、最後の7錠については、ふつうの錠剤と色が違っていたり、形状が違っていたりするものですが、これは実は、錠剤のなかに有効成分が含まれていない、プラセボ錠であることを示しています。
要するに、最後の7日間というのは、21錠入りであっても、28錠入りであっても、本来はまったく錠剤を飲まなくても避妊の効果はかわらないというわけです。
しかし、こうして錠剤を飲むことを休む期間をはさむことによって、新しいシートに切り替えなければならないのに、それを忘れてしまうといった失態も多く、そのために避妊効果が発揮されなくなってしまうケースがあることから、わざわざ飲み忘れを防止するために、28錠入りのほうには擬似的な錠剤を加えているのです。
トリキュラーは毎日服用するため、まとめ買い割引が適用される通販サイトでの購入がオススメです。
初めて買う方はトリキュラーを通販で買うと安いという事を覚えておくと良いでしょう。