• ホーム
  • 低用量ピルは安全性が確立して月経量過多を改善させる

低用量ピルは安全性が確立して月経量過多を改善させる

海外で誕生したピルには長い歴史があり、研究開発が繰り返された結果、ようやく低用量ピルが開発されるに至り、副作用の危険性も抑えられ安全性も確立されています。
我が国においても数年前に低用量ピルが解禁となり、服用を始めている女性も増えていますが、ピルには避妊効果だけではなく、月経量過多を改善させる効果もあり、生理における様々な問題を解決してくれるという、女性に取ってはとてもうれしい効能がたくさんあるのです。
まず生理不順を改善させ、毎月決まった日に生理が来るようになり、カレンダーのように整うので、スケジュールなどが管理しやすくなります。
生理がいつ始まるかわからない、という不安に常にさいなまれている女性も多く、旅行の予定が組みにくかったり、大切な試験や会議などとドッキングしてしまい、本領を発揮できなかったと嘆いている方も多いものです。
ピルを飲み始めると生理時の出血量は、驚くほど激減するので、生理痛がなくなったり、頻繁にトイレに駆け込み、生理用品を取り変えなければならないという煩わしさからも解放されます。
経血量が減れば、当然、デリケートゾーンの蒸れや臭い、かぶれなども防げ、ブルーディがかなり快適に過ごせるようになります。
生理期間を普段と同じように過ごせるということは、女性に取っては何よりもうれしいことなのではないでしょうか。
また、生理期間よりも生理前のほうが体調や精神的に辛いという声も多く、月経前症候群に悩んでいる方もいらっしゃいますが、ホルモンバランスが整うことによりこの症状も緩和されていきます。
意味もなく落ち込んでしまったり、イライラしたり、感情の起伏が激しい方も、落ちついて過ごせるようになります。